• 投稿
塾に通わせてみて、良かったこと。

前回の記事

では、結局、塾って必要ないかも??
という感じになりましたが、、、良い面もありました。

 

何と言っても、

「子供が楽しそうに通っている」

これが一番だったりします。

 

 

塾のメリット

 

塾では、先生の教え方も優しいし、家である程度やっているので、問題もそこそこ解けるし、とても楽しんで行っていました。

 

塾に行って良かった点、まずは

 

家で出来ない問題が出来ること

 

問題集の冊数はそこそここなしていたと思いますが、それでも、見かけない問題は出ます。
初めて目にする問題も3割位あったと思います。

 

あー、こんな問題の出し方もあるのかぁ、とか、
レベルはこれ位なのね、とか、

参考になりました。

 

ただ、講座の後で保護者向けの説明時、
見たこともない問題に、内心「これ難しすぎでしょ」と思うハイレベルな問題に、結構焦りました。

 

でも、意外なことに、我が子はほぼほぼ問題なく出来ていて、私が「え?!出来たの?!」と何度も確認するという(笑)。

初めての問題でも、知育的には今までの類似問題なので、自宅学習の成果が出ていたようです。

 

問題の出し方が初めての形式であっても、子供からすると知っている問題と認識できることも多いみたい。

知識問題(季節の草花など)で細かいのが出たら、それは逐一覚えるしかないですが、市販の問題集でも、繰り返せば地頭のトレーニングに十分効果はあると実感しました。

 

 

塾のメリット

 

さすがプロ、教え方は上手ですね。

塾でやるというのが経験上珍しかったので、記憶によく残ったのかもしれませんが、
子供は、塾でやった問題は、気をつけるポイントや解き方をしっかりと覚えていました。

 

復習で解かせた時に、解き方に迷いがない感じ。
一問一問、しっかりと解き方を解説して、理解させてくれてるんだなーと思いました。

 

 

行動観察の練習ができる

 

行動観察の対策は自宅でも一応できます。

でも、本番の試験にそった練習は、模試や塾じゃないと出来ないので、ここがやっぱり塾に通う大きなメリット

終了後、様子を先生にも確認しますが、本人にもどんなことをしたか聞きました。

 

「どんなことをしたの?」
「どんなことを言った?いつ言った?」
「周りの子はなんて言った?」

 

などを質問して、行動観察時の話をしっかりと説明できているかチェック。

 

話してる内容についていけてないようでは、何をしたかも説明できません。
まずは、課題を理解して、どうすべきかを判断しているか、さらに、周りの発言を理解しているかは、「説明できているか」で確認できます。

 

やったことをそこそこ時系列にそって説明できていていれば、内容は理解できているはず。
でも、その場の話は理解していても、発言できなかった場合は、発言する積極性を身につけるのが課題になります。

 

内容も理解して、さらに自分の意見を発言していれば、OK。

 

 

子供の話を聞いて、段階的にチェックしました。

出来ているか心配していましたが、これが意外と出来ていたので、びっくり(笑)。
思う存分、褒めまくりました。
行動観察は得意と自信を持ったようです。

 

 

最大の魅力は安心感、かも

 

塾のメリットは、大きくはこんな感じ。

映像問題とか、出来ないし、解説は分かりやすいようなので、一回行かせると、
塾はとても魅力的に見えます(笑)。

 

正直、他の講習も入れようかなとも思いました。

このままでも大丈夫そうだけれど、「安心感のために入れる」といった感じです。

 

授業中の2時間、みっちりやってくれるので、なんとも安心感はあります。

塾でやってるし、大丈夫かな、みたいな(笑)。

 

 

私の場合、これで手を抜いてしまってダメかもと思ったのと、このままでも問題はなさそうなので、自宅対策に戻しましたけどが。

 

 

塾の最大の魅力は情報をもらえる、と言いますが。。。

参加した講習では、そこはあまり得られなかったですね。